2021年 6月 18日 金曜日

新着記事

立花孝志 コロナ感染で「病床使うな」と批判殺到

「古い政党から国民を守る党」の立花孝志氏が11日、自身のYouTubeチャンネルで動画を更新。
新型コロナウイルスの影響により、入院をすることを明かしました。
しかし、自身は「コロナはただの風邪」と発言を繰り返していたことから、波紋が広がっています。
「古い政党から国民を守る党」の立花孝志氏が11日、自身のYouTubeチャンネルで「コロナ感染で入院する事になりました!」と題した動画を更新。
入院への経緯や現在の病状などについて報告をしました。
立花氏は、「昨夜から告知してたんですが、熱がね〜ずっと38°C台で、一昨日の夜はしっかり食べれたんですけど、食欲が完全になくなってしまいまして」と、高熱に加えて食欲も衰退したと告白。
「あの〜、本当にね、コロナは風邪であるとか、僕自身はそう思ってやってきましたが、コロナの診断を受けた時から、保健所の方には『入院された方がいいですよ』ということを言われてたんですけども」と、当初より入院の打診があったと明かしました。
立花氏は、薬剤師の娘さんや看護師をしているというお姉さん、別れた看護師の元奥さんなど身内の医療関係者から相次いで心配の電話をもらったと言い、「医療に関わっている人たちが周りにいて、僕のことを心配してくれているのが、そこはね嬉しいなって」と、涙ぐみ、言葉に詰まる場面も。
入院先に関して立花氏は、「上級国民なんですかね?僕の扱いは?港区の虎ノ門病院という非常に綺麗な病院を確保してくれまして」と報告し、2019年5月に設立されたばかりの新しい病院に入院が決まったとのことです。
「僕自身がコロナは風邪と言っておきながら、入院をするということで、ご批判もたくさんいただいておりますし、入院するのはかっこ悪いと思います。」としながらも、「そんなこと全然気にしてないです」と、あっけらかんとした様子でした。
一方、「コロナはただの風邪」と主張をしておきながら、入院をするという選択をした立花氏へはネット上を中心に批判が殺到。
「コロナはただの風邪」と主張しながらも、動画の最後では「病気を治して」と発言するなど、矛盾とも思える発言をしていた立花氏。
実際には、先月30日以降、せきや発熱の症状が断続的に続いており、8日にコロナの陽性反応が確認されています。
しかし、今月5日には新宿駅の西口広場で開かられた街宣において、コロナの症状あるにも関わらず、マスク無しで大声を出し、至近距離で会話して握手するなどの行為も。
今は無事に退院をすることを祈るばかりですが、「コロナはただの風邪」と主張しながらも入院をしたという行為に、国民の怒りは収まらないのかもしれません、とQuick Timezが報じた。

立花孝志 – Wikipedia

こちらもチェック!
桃月なしこ 4ヵ月ぶりの登場でも、全方位死角なし!! | キニナルONLINE

ソースQuick Timez

最新記事

必見!